CATEGORY

歯医者の歩き方

  • 2019年9月17日
  • 2020年7月6日
  • 0件

歯医者の歩き方 古い詰め物はやりかえなければならない?

当院では歯科相談というメニューがあります。 相談自体に費用をいただき、当院での治療を前提とせず歯科に関する相談についてお答えするものです。 様々な相談がありますが、「この治療は本当に必要なのでしょうか?」というのが結構あります。   <古い金属の詰め物を全部やりかえる必要があります。全てセラミックにして50万円です。> <詰め物や被せ物の下は虫歯になっているかもしれないのでやり直しましょ […]

  • 2019年7月16日
  • 2020年7月6日
  • 0件

歯医者の歩き方 歯医者を変えたら虫歯がたくさん見つかった

「歯医者を変えたら、虫歯がたくさん見つかったんですよ( *`ω´)」   みたいな話をたまに耳にします。 前に通っていた歯医者Aは虫歯もろくに見つけられないヤブ医者で、 後に通った歯医者Bはできる歯医者だ、的なニュアンスで。   これね、Bの方が悪徳という可能性もあるのですよ。 まあ、悪徳は言い過ぎかもしれませんが、 そのたくさん見つかった虫歯をぜーんぶ削って詰めてかぶせてした […]

  • 2019年7月15日
  • 2020年7月6日
  • 0件

歯医者の歩き方 歯が黒い!虫歯?

「虫歯あるから削っておきますね~」   痛みもなかったけど・・・。 ちょっと見せてもらったら黒かったし、 早く削ってもらってよかった~。   なんて言われるまま歯を削られていませんか?   その歯、削らないでよかったかもしれません。 虫歯で黒くなっている部分は虫歯の活動性が低い状態です。 つまり、進行が止まっていて歯が硬くなっているのです。 健康上は除去する必要がない […]

  • 2019年6月14日
  • 2020年7月6日
  • 0件

歯医者の歩き方 歯が痛い!どうする?

歯が痛い! ならば、近くの歯医者へ!と言いたいところですが、 病状とかかる歯科医師によって受ける治療は意外と違ったりします。 もっとぶっちゃけて言うと、歯を削る量や神経を抜くか抜かないかの話です。     ☆早く歯医者へ!な痛み   ●自発痛 何もしなくてもズキズキ痛い。 虫歯にしろ、歯周病にしろ、急性症状であることは確かです。 歯科医院で処置してもらいましょう! & […]

  • 2019年3月20日
  • 2020年7月6日
  • 0件

歯医者の歩き方 歯を守るための基本方針 <病因編>

80歳まで20本以上の歯を残そう=8020運動 なんてのがありますが、 (永久歯は親知らずを除いて全部で28本です) 目指すは KEEP28、すべての歯を維持しよう!です。 歯が抜けるのは老化だと思っていませんか? 違いますよ。歯を失う原因を知って対策すれば、そんなに簡単に歯はなくなりません。   歯科医院での抜歯にいたった原因の調査があります。   歯を失う原因は主にこの3つ […]

  • 2019年3月8日
  • 2020年7月6日
  • 0件

歯医者の歩き方 歯を守るための基本方針 <心得編>

前回書いたように、受け身で歯科にかかっていると歯が守られるどうかは運を天に任せてしまっているようなものです。 できる限り運に左右されないで自分の歯を守るためにどうすればよいのか? 今回は心得編です。   1. 自分で 治療を選択する 2. 自分の 病状と病因を理解する 3. 自分に 丁度いいセルフケアを知る   これら3つを意識するだけで自分の歯を守れる可能性が高くなります。 […]

  • 2019年2月12日
  • 2020年7月6日
  • 0件

歯医者の歩き方 はじめに知るべき3つの事実

【1. 歯を削った方が儲かる】   と言い切るのは語弊があるのですが、あえて。 ちゃんと説明しますね。   例えば、黒くなっているけれども穴があいていない虫歯があったとします。痛みもありません。 この場合、状況によってすぐには削らず経過観察をするという手もとれます。 が、保険診療において報酬は主に処置に対して設定されています。 経過観察であれば、初診料(あるいは再診料)とレント […]

  • 2018年11月29日
  • 2020年7月6日
  • 0件

歯医者の歩き方 プロローグ

歯の花クリニックは予防に特化した自由診療の歯科医院として 2007年、大阪・北浜に開業しました。 3ステップのカスタム・オーラルケア、歯科相談、 MI治療(なるべく歯を削らない)を中心に診療をしています。   歯を削られないための、歯を失わないための、 健康でいるための、医療サービスを追求してきました。 そして、本人が病気の原因を知ること、自身の状態やリスクを把握することが 予防には不可 […]