歯の花ブログ

  1. HOME
  2. 歯の花ブログ
  3. 歯科情報
  4. 歯科医療に思ふ
  5. 虫歯の治療をするって言われましたが、本当に必要ですか?

虫歯の治療をするって言われましたが、本当に必要ですか?

割とよく受ける質問です。先日も聞かれました。

 

 

ゲスト「虫歯の治療をするって言われましたが、本当に必要ですか?」

 

米畑「どの歯ですか?」

 

ゲ「わかりません。でも、3本ぐらいって言ってました。」

 

米「わからないんですか?説明なかったんですか?」

 

ゲ「はい。先生は説明してくれなかったので、受付で聞いたら3本って言われました。」

 

 

いやいやいや。明らかな虫歯はないんですけど。

金属が詰めてある歯が3ヶ所ありました。でも、虫歯ってわけではないし・・・。

 

 

しかし、こういう流れは正直多いかと思います。

外してみたら虫歯があることがあるので、古い物はやりかえる。という主義の先生がいらっしゃるようなのですが・・・。

そういうのを繰り返して、詰め物がどんどん大きくなっていったりするんですよね。

百歩譲って、古い物はやりかえるとしても、まずは虫歯リスク検査(唾液検査、サリバテスト)で虫歯の原因を探って、虫歯にならない、進行しない口内環境を作ってからでしょ、と私は思ってしまいます。

 

 

一度削った歯は戻りません。

説明がないなら説明を求めて、説明に納得がいけば治療してもらってください。

わからなければ、他院でセカンドオピニオンを受けるのも手です。

自分の身は自分で守らねば。なんて言いたくはないのですが、まあそう言いたくなる時もあるのも事実。

 

 

歯の花クリニック(大阪・北浜)

院長・米畑

PAGETOP