歯の花ブログ

  1. HOME
  2. 歯の花ブログ
  3. 歯医者の歩き方
  4. 歯医者の歩き方 神経を抜く治療が必要なのは

歯医者の歩き方 神経を抜く治療が必要なのは

虫歯が大きかったので神経抜きときました~

と治療後に初めて言われる・・・

というのはありえません。まともな歯医者ならば。

 

虫歯進行イラスト

白いねこねこさんによるイラストACからのイラスト

 

ちょっとしみるかなあ、という歯で

虫歯が大きいので神経を抜くかもしれません、という事前説明・・・

というのも要注意です。というか、抵抗(交渉)すべきかと。

 

何度も触れていますが、

基本的に神経を抜かなくてはいけない歯というのは

・不可逆性歯髄炎を起こしている(歯髄が炎症を起こしていて自発痛・強い痛みがある。)

・歯髄壊死を起こしている(何らかの理由で歯髄が死んでしまった。歯髄の痛みはない。)

の2パターンです。

 

虫歯が深くて除去していたら歯髄が出てしまった・・・

はもちろんありえますが、タービンでうぃーんと削っていて

はい、歯髄出ました。神経抜きまーす!

は無しかなあと。もっと慎重に虫歯を除去してなんとか神経を残そうとしてほしいところです。

 

深い虫歯の場合は後から痛みが出てしまって、神経を抜かなくてはならないこともあります。

しかし、いろいろなことに注意すれば避けることができることが多いです。

神経を抜かずに済むなら儲けもんです。

一方、とにかく痛みが出るのが嫌なので神経抜いちゃって、という選択するのも本人の自由です。

ただし、神経抜いた場合にはその後どんなことが起こりえるのかを知った上で選択してほしいなあと思います。

 

神経を抜いた歯には何が起こるのか?

それは次回に。

 

歯の花クリニック
院長・米畑 有理

PAGETOP