歯の一部が白い

HOME | 診療内容 | 歯の一部が白い

歯の一部が白くなっている

歯の一部だけが白くなっている方、たまにいらっしゃいます。痛みなどはないけど見た目が気になりますよね。
歯の一部が白い状態は白濁、白斑、ホワイトスポットなどと呼ばれます。
原因によって、初期虫歯(う蝕、カリエス)、エナメル質形成不全とも呼ばれます。
歯の一部が白くなる原因、治療の必要性、削らずに治療する方法について解説します。

歯の一部が白くなる原因と対処法

初期虫歯によるもの

  
 

原因

初期虫歯では、エナメル質内のミネラル分が抜けてしまい、歯の表面が白濁するという現象が起こります。進行すると茶色くなることもあります。歯に穴はあいていません。
 

対処法

白濁してすぐであれば、下記の方法によって改善することがあります。
・プラークをしっかり除去する。
・飲食頻度、唾液量などのカリエスリスクを改善する。
・フッ化物を塗布する。フッ化物入りのペーストなどを使用する。
・MIペースト、リナメルなどのペーストを利用する。
 
上記によって虫歯の進行が停止しても白濁は治らないことが多いです。
表面がマットではなく艶が出ていれば、虫歯はアクティブではないと診断します。
そうなると、見た目だけの問題なので、健康上はそれ以上の治療は必要ありません。
 

先天性のもの

 

原因

歯が生える前に骨の中で歯が作られている時期に表面のエナメル質がうまく作られなかったことにより一部が白くなってしまうことがあります。「エナメル質形成不全」と呼ばれます。
その原因は、乳歯に外傷や感染がその下の永久歯に与えた影響、あるいは小さな頃にかかった病気や栄養障害、遺伝などがあります。フッ素の摂取が過剰な場合にも起こることがあります。しかし、原因が特定されることはあまりありません。
「エナメル質形成不全」は虫歯ではないので脱灰(ミネラル分が抜ける)は生じていません。エナメル質が正しく作られなかったためにその部分だけ結晶構造が乱れ、健全な部分とは光の屈折率や透過性が違うので白く見えるのです。
 

対処法

健康上は特に治療する必要がないことが多いです。
 
 

見た目を改善したい場合

初期虫歯でもエナメル質形成不全でも健康上はそのままでも大丈夫です。
しかし、見た目が気になる場合はどうしたらよいのでしょうか?
 

1)歯を削る審美治療(従来の方法)

レジン充填:白い部分を削ってレジン(樹脂)を詰める。色合わせが難しい。
ラミネートベニア:見える面のみ一層削って型を取りセラミックのベニアを貼る。
クラウン:歯を削ってかぶせものをする。
 

2)歯を削らず目立たなくする治療(新しい方法、Icon アイコン)

歯を削らずに薬剤を作用させた後に透明の樹脂を浸透させる方法です。

歯の一部が白いのを削らずに目立たなくする方法

次へ
 
従来であれば、削って詰める(レジン充填)
削ってカバーする(ラミネートベニア、クラウン)
といった解決法しかなかったホワイトスポット、白濁、白斑。
 
エナメル質形成不全(歯がはえた時からあった白濁)
初期虫歯による白濁などを削らずに目立たなくする治療法があります。

Icon(アイコン)という治療システムを使用します

ドイツのDMG社が開発したIcon(アイコン)という歯面コーティング剤を使用します。ホワイトスポット(白濁、白斑)の部分に塩酸を作用させた後に、樹脂を浸透させて硬化させます。光の屈折率が変わることで白い部分が目立たなくなります。

Before

After

 まずはご相談

歯科相談(30分)をご予約ください。
他の受診の際にご質問いただいても結構です。

歯科相談(30分) ネット予約

6,600円

ホワイトスポット治療(アイコン)1歯

33,000円

※税込価格

 歯科医師の先生へ

  • Icon(アイコン)治療のご紹介を承っております。
  • 先生からのご紹介の場合は、初回の相談(30分)を無料でさせていただきます。
  • LINE公式あるいは問合せフォームよりお問い合わせください。こちらよりお願いいたします