HOME | 診療案内 | 虫歯治療・予防

なるべく削られたくない

虫歯は削って詰めたら終わりだと思っていませんか?
実はそれは終わりではなく、治療の連鎖の始まり。
保険診療のしくみでは、この連鎖を止めることが難しいのです。
 
虫歯の本当の原因にアプローチし
虫歯を根本的に治療すること、
 
虫歯に侵されてしまった歯質は
必要最小限のサイズで修復すること、
 
自由診療だからこそ可能な方法です。

歯の花クリニックの「なるべく削らない治療」とは

1. 削る治療が必要かどうかを診断する

 
歯がしみる、痛い、といった症状があると、虫歯だ!と思いがちなのですが、必ずしもそうではありません。診査、診断を通して、本当に削る治療が必要なのかを判定する、とても重要なステップです。実は、歯を削る治療が必要ないのは、次のような場合です。

痛みの原因が虫歯ではない

歯がしみたり、痛くなったりするのは、虫歯だけが原因ではありません。
歯周病や知覚過敏、歯ぎしりなど、虫歯以外の原因が結構あります。
このような場合は、歯を削る治療をする必要がありませんし、そのような治療をしても症状がなくならことがあるわけです。

初期虫歯である

初期虫歯であれば、リスク低減療法のみで全く削らすに治療することも可能です。
初期虫歯というのは、歯の表面が白くなったり黒くなったりしているけれども、穴にはなっておらず、ミネラル分が抜けてしまって歯質が弱くなっている状態です。
見ただけでは判定できないので、ダイアグノデントというレーザー光を利用した器械で検査します。

虫歯の進行停止が望める

歯と歯が接しているところから始まっている虫歯は表面からは見えません。

診査はレントゲンや透過光で判定します。このような虫歯はあまり深くなければ、進行を停止させるという方法があります。初期虫歯と同様にリスク低減療法を試みます。なぜなら、このような虫歯を除去する治療では、虫歯に到達するまでに健康な歯質を相当削除する必要があることが多いからです。それでも除去する治療に踏み切るべきか、進行停止を試みるのか、診査、問診、相談を通じて決めていきます。
 

2. 削る治療が必要な場合には最小限にする

 
虫歯の除去は最小限に、どうしても削らなければならない虫歯であった場合、歯の花クリニックでは、組織温存療法ともいうべき方法をとっています。必要な部分だけを除去するための器材として、以下のようなものを用意しています。

う蝕検知液 カリエスチェック

取り除くべき歯質を染色により判定します。(カリエスディテクターと同様のものですが、染まりすぎないためこちらを使用しています。)
 

スプーンエキスカベーター

ドリルではなく歯質のかたさを感じ取りながらかき出す器具です。

3. 虫歯の本当の原因にアプローチする

虫歯治療は穴を埋めたら「終わり」だと思っていませんか?そこに虫歯をつくってしまった口内環境をそのままにして治療を終わってしまっては、またどこかに虫歯をつくってしまいます。
 
虫歯のリスクに関係するのは、細菌・唾液・生活習慣。
虫歯リスク検査では、これらを総合的に判定し、虫歯リスクを下げる作戦を一緒に立てていきます。そして、細菌の巣窟をつくらないための定期的なクリーニングと検診(=メインテナンス)で、二度と新しい虫歯をつくらないことを目指します。

レジン治療(ダイレクトボンディング)

必要最小限の歯質を除去するので、その穴を埋めるには、主にコンポジットレジンという樹脂を使用します。

 

虫歯の部分がうっすら黒く
なっています
 

虫歯の部分を最小限に除去します

レジンで歯の形を回復しました
このレジンと歯を接着させるための材料として、歯の花クリニックでは、クリアフィル メガボンドFAを使用しています。この製品は接着だけでなく、抗菌作用とフッ素を供給する作用があり、接着面からの虫歯の再発を予防する効果があるため採用しました。

 

※虫歯の大きさや位置によって費用が異なります。まずは「チェックアップ」をお受けください。
 診査の上、治療法・費用についてご案内します。

 

虫歯リスク検査 〜本当の虫歯の原因にアプローチする〜

あなたの虫歯の原因は?

虫歯リスク検査
なぜ虫歯になりやすいのか?今、虫歯になりやすい状態なのか?
唾液を使った虫歯リスク検査で知ることができます。
(一般的には、唾液検査、サリバテスト、などと呼ばれています。)
 
虫歯リスク検査では、唾液の量や質を測ったり、虫歯菌を培養したり、
口腔内をチェックしたり、食生活を伺ったり、さまざまな検査をします。
虫歯は多因子性疾患、さまざまな要素が関与する病気なのです。
 
歯の花クリニックでは、これらの結果をもとに、 虫歯にならない口内環境づくりの作戦をご本人と共に練っていきます。

ひとりひとりに合わせて

ひとりひとりに合わせた虫歯予防プログラムを立てるため、歯の花クリニックではスウェーデンで開発された「カリオグラム」というソフトを利用します。 虫歯リスク検査の結果を入力し、虫歯(専門用語でう蝕)を避ける可能性が何%という判定が出せます。 この値が大きくなるように、それぞれの生活スタイルに合わせた方法をシミュレーションしていきます。
 
 
 
モデルケース Aさん(28歳女性・システムエンジニア)の場合
 
就職してから定期的に歯科医院へ通っているが、虫歯の治療が続くのでなんとかしたいと来院されました。ミュータンス菌レベルはそんなに高くありませんでしたが、 仕事中にアメをなめていることが多いために飲食頻度が高く、カリオグラムで分析したところ、虫歯を避ける可能性23%と出ました。 アメをすべてシュガーレスのものに変えることとメインテナンスに通うことで、虫歯を避ける可能性を77%にまで高められるとシミュレーションできました。
 

 
 
大阪府大阪市中央区北浜1-1-10
北浜小林ビル1F
 
月・水・金・土 10:00〜18:00

10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             
  診療日   予約時間のみ

11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             
  診療日   予約時間のみ

News

2017.8.7

ウェブサイトをリニューアルしました。