歯の花ブログ

  1. HOME
  2. 歯の花ブログ
  3. 歯医者の歩き方
  4. 歯医者の歩き方 詰め物(インレー)の素材は何が良い?

歯医者の歩き方 詰め物(インレー)の素材は何が良い?

前回、詰め物(インレー)は必ずしも「古い=悪い」というわけではないというお話でした。

 

が、インレーをやりかえた方がよいケースももちろんあります。

インレーと歯の間のセメントが溶け出していたり、

明らかに適合が悪く、そのせいでプラークがたまりやすかったり、

インレーの下に虫歯ができていたり。

 

・ただ古いからやりかえましょう、ではなくやりかえる必要性の説明に納得したこと。

・虫歯のせいでやりかえならば、なぜ虫歯になったのか、再発防止策について説明を受けたこと。

・歯肉の炎症(歯周病)がなくなってから型取りすること。

 

上記3点があれば、本気で口腔内を良くすることを考えてくださっている可能性が高いかもです。

 

で、インレーの素材ですが。

 

割れない、適合を良くしやすい、硬すぎない、といった観点では

ゴールドが一番かと。

ただし、向かいの歯に違う金属が入っていると電流が発生して不快症状が出たりすることがあるのと

見えやすい部位だと金がきらーんとしてしまうことが難点でしょうか。

 

生体親和性がよい、色がきれい、という観点では

セラミックがよいかと。

ただし、セラミックは比較的割れやすいので、歯を削る量が多くなりがちであること

が難点でしょうか。

 

インレーの素材は何がいいかは「症例による」というのが正直なところ。

担当医の先生に「あなたの口腔、この歯」にとってはどのような理由でどの素材がいいか、

について説明してもらって選択するのが一番です。

 

そして重要なポイント。

もともとインレーが入っていた歯でなければ、つまり初めて虫歯になった歯であれば、

第一選択はレジン充填(ダイレクトボンディング)だと思います。

症例によりますが。

そのお話は次回に。

 

歯の花クリニック

院長・米畑

PAGETOP