歯の花ブログ

  1. HOME
  2. 歯の花ブログ
  3. 歯医者の歩き方
  4. 歯医者の歩き方 歯医者を変えたら虫歯がたくさん見つかった

歯医者の歩き方 歯医者を変えたら虫歯がたくさん見つかった

「歯医者を変えたら、虫歯がたくさん見つかったんですよ( *`ω´)」

 

みたいな話をたまに耳にします。

前に通っていた歯医者Aは虫歯もろくに見つけられないヤブ医者で、

後に通った歯医者Bはできる歯医者だ、的なニュアンスで。

 

これね、Bの方が悪徳という可能性もあるのですよ。

まあ、悪徳は言い過ぎかもしれませんが、

そのたくさん見つかった虫歯をぜーんぶ削って詰めてかぶせてしただけったら、

しかも、とってもきれいなセラミック(自費)ばっかり入っちゃっていたりしたら、

うーーーーん。

 

削って治療しただけだったら。

はい、ここポイントでーす。

 

予防や歯周病治療としてプラークをしっかり除去したら虫歯が見つかりました。

まずは虫歯リスク検査(唾液検査)などで虫歯の原因を探りましょう。

虫歯リスクを下げるためにこんなことをしましょう。

初期虫歯は削らずに、小さい穴なら場合によっては進行の停止を図り、

どうしても修復が必要な歯は写真やレントゲンで説明した上で治療をします。

 

というのなら、Bはとっても良い歯医者だと思います。

 

 

あ、あくまでも個人的見解ですよ。

怪しい歯をぜーんぶ適合のいい詰め物や被せ物をして

虫歯リスクコントロール無しに、二度と虫歯を再発させないスーパードクターもいるかもしれませんし。

 

ようは、虫歯たくさん見つけてもらって削ってもらった、わーい!

って手放しで喜ぶのはちょっと、というお話でございます。

 

歯の花クリニック

院長・米畑 有理

 

 

PAGETOP