歯の花ブログ

  1. HOME
  2. 歯の花ブログ
  3. 歯科情報
  4. ニュース・テレビ番組
  5. 銀歯の中が虫歯に!? に物申す

銀歯の中が虫歯に!? に物申す

「あさイチ」の歯の特集、録画したのを見ました。

 

2月4日(月) NHK「あさイチ」

年とともに忍び寄る“歯”のトラブル

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/190204/1.html

 

博多大吉さんはインプラントが入っている、という思わぬ情報があったり

大吉さんの質問やコメントがわかりやすくて的確でますます好きになってしまった

という私の個人的な感情はさておき。

これは誤解があっては困ると思ったことがあったので、僭越ながら解説してみたいと思います。

あくまでも個人的な意見です。

 

 

 

銀歯の中が虫歯に!?という話題で

古いタイプのセメントは溶け出してその間から虫歯になっていることがあるというのがありました。

 

それを受けて、番組最後の視聴者からの質問。

「ずっと歯科検診に通っていたのにもかかわらず、

歯科医院を変えた瞬間に銀歯の下に虫歯が5箇所見つかりました。

歯科医院で虫歯の判定は違うものなのでしょうか?」

 

そうですね、マイクロスコープなどもありますし・・・みたいな回答になっていたのです。

5箇所も虫歯を見逃すなんて、どういう歯医者だ、という空気でした。

が、この話、最初の歯科医院が悪いとは限りません。

場合によっては後者の方がアグレッシブすぎる可能性もあるのです。

 

銀歯の下に虫歯が5箇所見つかった、とありますが

それは本当に治療が必要な状態だったのか、本当に虫歯があったのか?

黒いのは金属のせいで色がついてるだけのこともありますし、

虫歯で黒いのは活動性が低いあるいは停止しているのでそのままでも大丈夫なこともあります。

銀歯を外した後の治療が前よりもぴったりしたものが入ればよいですが、そうとも限りません。

 

そもそも、虫歯の原因は銀歯ではありません。

食事、唾液、細菌、フッ素などなど何が弱くて虫歯になったのかを調べ

そこを改善しなければまた虫歯ができてしまいます。

 

大吉さんも「銀歯を入れたらもう治ってると思った」とおっしゃっていました。

それは銀歯からセラミックに変えてもいっしょで、それだけでは虫歯という病気が治ったわけではありません。

 

痛みなどの症状がないならば、

まずはカリエスリスク検査(唾液検査、サリバテスト)をして

結果に基づき虫歯リスクを下げてから、つまり虫歯の原因を治してから

穴になってしまったところは修復するべきです。

 

定期検診には半年に1回は行きましょう、といった話も出ていました。

しかし、単純に悪くなったところはないか診てもらうのではなく、

原因になるバイオフィルム(細菌の塊)のプロケアをしてもらうこと、

セルフケアや生活習慣に対してアドバイスをもらうことで意味が全然違ってきます。

プラークなどを除去しないと悪くなったかどうかも見えないですしね。

 

と、物申してみましたが、番組の全体の印象としては悪くなかったです。

(えらそうに、すいません。)

最先端の治療!これだけで治る!みたいな怪しい感じはなく

落ち着いた内容で良かったと思います。

もうひと工夫で視聴者の皆様のためになる情報がもっと届けられたような気はしました。

(えらそうに、すいません。)

 

 

歯の花クリニック

院長・米畑 有理

PAGETOP