歯の花ブログ

  1. HOME
  2. 歯の花ブログ
  3. 有理院長の日々
  4. ミラーの柄と教授診と私の「教授」

ミラーの柄と教授診と私の「教授」

先日、歯学部時代の教授診の思い出をつらつら綴ったわけですが・・・

その教授は、丸山剛郎先生です。

 

丸山咬合医療センター 公式サイト

 

一時期、「さんまのホンマでっかTV」などテレビでお見かけし、

うぉーーーーっ、となりました。

テレビでも堂々とされていて、さすが!ですが、

なんというかあの伝説感があまり出ておらず(そりゃそうか)

それは少し残念でした。

 

丸山先生の思い出をもうひとつ。

 

私が大学院生の頃、スウェーデンで開催された国際補綴歯科学会(ICP:International College of Prosthodontists)に参加しました。

補綴というのは、歯をかぶせ物や入れ歯で補う治療の意味です。

blog171121

海外での学会は日本の学会と違って、朝行ったらコーヒーや軽食が置いてあったり、国によっては企業展示のブースでワインが出たり、とゆるいというかほんと楽しいのです。

ICPは比較的少なめの人数での会で講演もディスカッションもディナーもみんなで楽しむような感じでした。

 

スウェーデン、ストックホルムでの開催ということで、なんとノーベル賞授賞式の会場でのガラディナーがありました。

ガラディナーです。ドレスコードもあります。

すっごい欧米な雰囲気(?!)、ドキドキです。

ディナーが終わると、まさかのダンスタイム。なんか社交界っぽいやつです。

海外旅行大好き、ヨーロッパ大好きだった私もそんなハイソな(?!)場にどう対応したらよいものか・・・おそらく日本人のほとんどがそんな感じだったその時、

 

「踊らないの?一緒に踊る?」

 

と声をかけてくださったのが、丸山先生!!!

わーーーーーっ!えっと、えっと・・・

若干テンパったのと、どう踊るかわからないのと、いろいろしがらみがあったのとで、丁重にお断りしてしまいました。

丸山先生はすぐにどなたかと踊られていました。超馴染んでおられて素敵でした。

 

いや、ほんとあの時、勇気を出して踊っておけばよかった~、と実は何度も思い出してますよ。

 

 

歯の花クリニック院長・米畑

hanohana.com

 

PAGETOP