歯の花ブログ

  1. HOME
  2. 歯の花ブログ
  3. 歯医者の歩き方
  4. 歯医者の歩き方 本当の虫歯治療とは

歯医者の歩き方 本当の虫歯治療とは

虫歯で穴が開いているのは、何か原因があっての結果です。

その穴を埋めるのは、それを物理的に修復しているだけで

原因を治療しているわけではありません。

虫歯ができたのならば、原因を突き止めて、それを改善するまで含めて

本当の虫歯治療と言えるのではないでしょうか。

 

黒くなっている部分は硬くなっていて

削らずに置いておける(置いておく方が良い)ことが多いです。

穴が開いていない虫歯ならば、

原因を改善して停止を図るという手もあります。

 

虫歯を削って詰めるという治療は虫歯治療の一部でしかないのです。

虫歯の治療である医院に初めて行き、その後も通院を続けていて

新しい虫歯が次々できるようであれば虫歯が治療されたとは言い難いのです。

 

 

これを専門用語で説明すると・・・

 

う窩はう蝕というプロセスの結果である。

う窩の修復だけではう蝕の治療とは言えない。

う蝕病変には活動性が低いものと高いものがある。

黒くて硬いう蝕病変は活動性が低くかつ硬くなっているので

審美的に問題なければ残した方がよい。

 

「う蝕(うしょく)」=虫歯

「う窩(うか)」=虫歯で穴が開いた状態

 

なんて感じです。

 

歯の花クリニック
院長・米畑

PAGETOP