歯の花ブログ

  1. HOME
  2. 歯の花ブログ
  3. 歯医者の歩き方
  4. 歯医者の歩き方 虫歯は小さいうちに削るべき?

歯医者の歩き方 虫歯は小さいうちに削るべき?

虫歯は早期発見・早期治療が大事!

かもしれませんが、虫歯が小さいうちに削ればいいってもんじゃありません。

 

早期発見・早期「治療」の

「治療」を何と考えるか?の問題かと。

 

そもそも、虫歯を削って詰めるのは穴になった部分を物理的に修復しただけであって

虫歯という病気、そこに穴ができた原因について何もしなければ

またどこかに穴ができる、また削って詰める、が続いていく可能性があるわけです。

 

また、虫歯の削り方もいろいろで、型をとってつくる詰め物「インレー」の場合は

虫歯におかされていない部分も削ってしまうわけです。

これは虫歯の進行よりも速く歯質を失わせている可能性さえあります。

メタルインレー

虫歯は穴になっていなければ(白濁したり、茶色くなっているだけ)、

再石灰化するようにバランスを整えるだけでいいんです。

穴が開いていても、穴がアクセスしにくい場所(隣接面など)にあれば、

進行の停止を図るという方法をとれることもあります。

 

つまり、早期治療すべきは虫歯の原因なのです。

あるいは、修復治療が必要な大きい虫歯がある場合も、原因の治療は必須なのです。

 

患者さんも歯医者もとにかく早く削って詰めれば治ると思っている人がなんと多いことか・・・。

 

 

歯の花クリニック

院長・米畑

PAGETOP